• 鏑木ひろ×貞本義行×古沢良太×WITがタッグ!『GREAT PRETENDER』制作決定!
  • 鏑木ひろ×貞本義行×古沢良太×WITがタッグ!『GREAT PRETENDER』制作決定!
2019.07.08

鏑木ひろ×貞本義行×古沢良太×WITがタッグ!『GREAT PRETENDER』制作決定!

(C)WIT STUDIO/Great Pretenders

アメリカ・ロサンゼルスで開催のアニメイベント「Anime EXPO 2019」にて現地時間7月6日(土)に行 われたフジテレビの最新ラ発表を行う「World Premiere of FUJI TV‘s hottest series in “+ Ultra” block」内で、2020年放送予定タイトルとして WIT STUDIO待望のオリジナルテレビアニメシリーズ 『GREAT PRETENDER』の制作発表が行われた。





本作の制作には実力派のスタッフが集結。
『ALWAYS 三丁目の夕日』で第29回日本アカデミー賞 最優秀脚本賞を受賞、フジテレビ開局60周年記念作品『コンフィデンスマンJP ロマンス編』も手がけた脚本家:古沢良太が、自身初となるテレビアニメーションンシリーズの脚本を務める。
また、アニメ『君に届け』や『鬼灯の冷徹』で知られるアニメーション演出の名手:鏑木ひろ が監督を務めることが発表された!

更に、この前代未聞の監督×脚本で挑むオリジナルアニメーションのキャラクターデザインを手掛けるのは『ふしぎの海のナディア』『新世紀エヴァンゲリオン』の貞本義行! 全世界に多くのファンを持つ貞本義行が『エヴァ』以降初となるテレビアニメシリーズへキャラクターデザインとして参加する。

そして映像制作を手掛けるは、WIT STUDIO! 『甲鉄城のカバネリ』『進撃の巨人』シリーズで“2Dアニメーションの表現の幅は無限“であると改めて感じさせてくれた日本アニメ界の旗手が本作を見事なアニメーション映像として創り上げる!

今世紀最強のタッグチームがおくる最高のエンターテインメントアニメ。みなさんからのコメントも届いた。


監督:鏑木ひろ
日常的に騙し騙されてる(?)紳士淑女の皆様、おまんたせ致しました。脚本担当の古沢氏が作り上げた『信用詐欺』を題材にしたアニメ作品で御座います!世界を股にかける、懐かしくも新しい世界観。まあまあ…いや、相当の自信作です。珈琲でも飲みながら、出来上がりをお待ち下さい
<鏑木ひろ プロフィール>
アニメーション演出家。主に手掛けた作品として『君に届け』『となりの怪物くん』『鬼灯の冷徹』『91Days』。『君に届け』では原作漫画の魅力をさらに高め、『鬼灯の冷徹』ではテンポの良い緩急のある演出で、それらをアニメに落とし込みました。また『91Days』では自身初のオリジナル作品ながら、練りこまれた構成と脚本により、本格的な復讐劇を作り上げました。当人はまあまあ良い仕事します。最新作は自信作です。



キャラクターデザイン:貞本義行
企画の段階で頂いた古沢さんの脚本の完成度が高く、夢中で読ませて頂きました。僕の今回の作業はその時の第一印象で頭に浮かんだキャライメージを元に鏑木監督や他スタッフの要望を聞き入れながら長く皆様に愛していただける実存感のあるキャラクターデザインを模索するというものでした。個人的には大好きなテイストの作品でもあるのでチャレンジの多い作業も楽しく、いままで関わってきたどの作品とも毛色の異なった作品となりました。あとは皆様に画面の前で楽しんでいただければと思います。
<貞本義行 プロフィール>
漫画家・デザイナー・アニメーター。大学在学中に秋田書店にて漫画家としてデビューした傍ら『DAICON Ⅳ OPENING ANIMATION』制作にも加わる。大学卒業後はテレコム・アニメーションフィルムへ入社し大塚康生に師事。その後、ガイナックス設立に携わる。『王立宇宙軍 オネアミスの翼』をはじめ『ふしぎの海のナディア』などの多数の作品でキャラクターデザイン、作画監督として活躍し、『新世紀エヴァンゲリオン』ではより多くのアニメファンの心をつかみ、活躍はアニメに限らずゲームキャラクターデザイン、イラストレーターとしても多数の作品に携わる。『R20 歯車のある街』、『新世紀エヴァンゲリオン』など漫画家としても活躍。現在『アルカイック・スマイル』を連載中。


脚本:古沢良太
私の初めてのオリジナルアニメーションです。アニメばかり見ていた少年時代の自分に向けて作ったつもりです。大きな挑戦でしたが、素晴らしいスタジオで、鏑木さん、貞本さんはじめ超一流のスタッフに助けられ、なんとか最後まで書くことができました。今はどんな出来上がりになるのかワクワクしています。多くの皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。
<古沢良太 プロフィール>
脚本家。28歳でデビューし、その後TVドラマ、実写映画、舞台の脚本で活躍。『ALWAYS 三丁目の夕日』で日本アカデミー賞 最優秀脚本賞を受賞するほか、日本国内の多くの脚本賞を受賞している。その作品の多くは人間の欲や見栄、コンプレックス、人生の悲哀をコメディタッチで描きだしており、小気味いい会話劇とトリッキーな展開は視聴者を飽きさせないが、見た後にチクりと胸に残るものがある。古沢氏の脚本作品は国際的な評価が高く、テレビドラマ『コンフィデンスマンJP』ではドラマ放送前から中国・韓国でそれぞれローカライズドラマ製作を進めるプロジェクトが発表され、日本のテレビドラマとしては初となる試みが話題となった。


アニメーション制作:WIT STUDIO 代表取締役社長 和田丈嗣
信頼する鏑木監督を筆頭に、素晴らしいスタッフが集まってくれました。ゼロから作り上げるオリジナル作品。上がってくる一つ一つにとても興奮しています。この作品は「世界を股に掛けた百戦錬磨の詐欺師たちの痛快娯楽活劇」。古沢さんの物語で、貞本さんのキャラが大暴れします。WIT STUDIO渾身の新作。皆様、ご期待ください!
<和田丈嗣プロフィール>
「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」などで知られるアニメーション制作会社プロダクション I.Gでプロデューサーとして活躍したのち、WIT STUDIOを設立。スタジオ第1作となった『進撃の巨人』の映像表現精度の高さ、斬新さでアニメファンを唸らせ、一気に注目スタジオへ。その後も精力的に活動し、『甲鉄城のカバネリ』や『魔法使いの嫁』など、多くのヒットアニメを手掛ける。最新作『ヴィンランド・サガ』が2019年7月からの放送を控えている。


【作品情報】
タイトル: GREAT PRETENDER(グレート プリテンダー)
放送時期:2020年 時期未定
放送枠 :フジテレビ「+Ultra」毎週水曜日 24:55~他各局

〈あらすじ〉
ターゲットは悪人のみ!騙して騙して騙しまくる!?
ロサンゼルス、シンガポール、ロンドン、上海、そして東京…世界を股にかけた壮大な<コン・ゲーム>、ここに開幕!!!

自称”日本一の天才詐欺師“枝村真人。その日も相棒の工藤と2人で浅草観光に来ているフランス人に詐欺を仕掛けてひと儲け…のはずが、逆に騙され大金を奪われてしまう。その男はローラン・ティエリー、マフィアさえ手玉に取るコンフィデンスマンだったのだ。ローランが仕掛ける桁違いの<コン・ゲーム>に、枝村は巻き込まれていく…!!

(C)WIT STUDIO/Great Pretenders

作品公式サイト
「+Ultra」公式サイト
WIT STUDIO公式サイト

文/阿部雄一郎