• 1位は宇崎ちゃん4巻! hontoによる夏アニメ原作本ランキング発表
  • 1位は宇崎ちゃん4巻! hontoによる夏アニメ原作本ランキング発表
2020.07.02

1位は宇崎ちゃん4巻! hontoによる夏アニメ原作本ランキング発表

2020年夏アニメ原作本ランキング

ハイブリッド型総合書店「honto」が「2020年夏アニメ原作本ランキング」を発表。1位は『宇崎ちゃんは遊びたい!(4)』、2位は『炎炎ノ消防隊(22)』、3位は『ソードアート・オンライン(24)』だった。

「honto」は、大日本印刷株式会社(DNP)が丸善ジュンク堂書店、文教堂及びトゥ・ディファクトと共同で運営するハイブリッド型総合書店。
「2020年夏アニメ原作本ランキング(集計期間:2020年1月1日~2020年6月30日)」は、hontoサービス実施店の丸善、ジュンク堂書店、文教堂などと、hontoサイトで購入された書籍や電子書籍の販売データをもとに集計したもので、2020年7月2日に発表された。

以下、honto広報担当者の上位作品へのコメントを見てみよう。

「堂々のランキング第1位は『宇崎ちゃんは遊びたい!(4)』。ウザカワ系後輩宇崎ちゃんとのドタバタラブコメ作品です。SNSで話題となり、原作コミックスも100万部を突破しています。年代別の購入割合を見ると、30代の購入が多いのが特徴的でした。特に同世代の方は、アニメも注目してみてはいかがでしょうか?」

「第2位には、「週刊少年マガジン」で連載中の漫画『炎炎ノ消防隊(22)』がランクイン。購入割合からは、20代からの人気の高さがうかがえます。今期アニメは2019年に放送された作品の続編ですので、前作のアニメファンからの注目度も高い作品でしょう」

「第3位の『ソードアート・オンライン(24)』は、原作の文庫シリーズが全世界累計2000万部を突破した大人気ライトノベル作品。原作が2009年より続いていることから、最新刊も10~30代に加え、40~60代の購入割合が高い結果となりました。アニメも2012年より放送されており、今期アニメも幅広い世代から支持されることが予想されます」

>>>「2020年夏アニメ原作本ランキング」関連画像を全部見る

アニメージュプラス編集部