• 本当に怖い!Jホラーの巨匠・清水崇監督の原点『呪怨』がBlu-rayに
  • 本当に怖い!Jホラーの巨匠・清水崇監督の原点『呪怨』がBlu-rayに
2020.12.12

本当に怖い!Jホラーの巨匠・清水崇監督の原点『呪怨』がBlu-rayに

『呪怨』(C)東映ビデオ

今年2月に公開された『犬鳴村』が大ヒット、来年2月にシリーズ第2弾『樹海村』の公開を控える清水崇監督の代表作『呪怨』がBlu-ray化、21年2月に東映ビデオより発売される。

清水崇監督の長編初監督作品『呪怨』(00年)並びに続編『呪怨2』(00年)は、Jホラー黎明期にVシネマとして発表されると口コミでその内容の恐ろしさが拡散し、大きな話題を呼ぶことに。後に清水崇監督自身による劇場版、また清水監督自身によるハリウッド版リメイク作が製作されて共に大ヒットを記録。その後も同タイトルを冠した関連映画、ゲーム、ノベライズ、コミック、配信作品がいまもなお次々と制作されている。

『呪怨2』

人気ホラーシリーズの原点である伝説のVシネマ版2タイトルのデジタルリマスター版がBlu-ray 1枚に収録された本作で、 Jホラーの原体験ともいうべき圧倒的な恐怖を鮮やかな形で再体験できるはずだ。

これに併せて『呪怨』製作10周年にあたる09年に清水監督が原案・監修を担当した『呪怨 白い老女』『呪怨 黒い少女』のDVDも新価格で発売。そして清水監督がギネス登録の最恐 “お化け屋敷” を完全オリジナルストーリーで映画化した『戦慄迷宮』(09年)も【8Kリマスター2K特別版】としてBlu-rayで発売される。

『戦慄迷宮』

日本初の長編3D映画として話題を呼び、10年にはヴェネチア国際映画祭に正式出品。世界50ヵ国でも公開されて話題を呼んだ衝撃のオリジナルホラーが鮮烈な映像で甦る。さらに映像特典として “3Dリニューアル版本編” も収録、身も心も凍る体験を自宅で楽しもう!

アニメージュプラス編集部