• 少年よ、大人になったか。『ゲッターロボ』ワインで登場!
  • 少年よ、大人になったか。『ゲッターロボ』ワインで登場!
2021.06.10

少年よ、大人になったか。『ゲッターロボ』ワインで登場!

(C)永井豪・石川賢/ダイナミック企画

マンガ、アニメ、特撮などの人気コンテンツをテーマにした企画展を開催、運営しているクレイジーバンプより、2021年6月18日より「墓場の画廊」にて『ゲッターワイン』が販売されることが決定した。

少年の心を持った大人のための、スーパーロボットワイン「ゲッターワイン」の発売が決定!

永井豪原作、石川賢作画の人気作品『ゲッターロボ』は、いわずと知れた変形合体ロボの傑作として、多くの続編シリーズが『ゲッターロボ・サーガ』として制作し続けられている。
今夏、そのシリーズ最終章である『ゲッターロボ アーク』のアニメ化放映を記念して企画、生産されたのがコラボレーションワイン『ゲッターワイン』だ。

コラボレーションをするワイナリーは、日本の国産ワイン発祥の地とされる山梨県の老舗『ハギーワイン』。
今回は日本固有の黒ブドウ品種『マスカット・ベリーA』のワインを使用している。
この商品は、日本の女性だけによる国際ワインコンペティション「サクラアワード2021」において“ダブルゴールド”を受賞し、いま最も注目を集めるワインのひとつ。
香り高く飲みやすいスッキリとした味わいは、シンプルな肉料理や、焼き鳥、また意外にも和食に合うワインとしてよく知られている。

今回の『ゲッターワイン』は、ゲッターロボのオリジナルラベルはもちろん、特典としてゲッターロボの顔をかたどったアクリルチャーム付き。
記念日や御祝いの贈答用にも驚きをもって喜ばれる、インパクト抜群の商品なのでぜひチェックしてみよう。
6月18日(金)より墓場の画廊中野本店と墓場の画廊ONLINE STOREにて販売開始予定となっており、価格は3300円(税込)。
高品質のワインをゲッターロボと共に堪能しよう!

☆商品のイメージをみる(写真5点)>>>>

※お酒は二十歳を過ぎてから。

(C)永井豪・石川賢/ダイナミック企画

アニメージュプラス編集部