• 北欧ブランド・スクルツナより初の『ムーミン』フィギュアが発売!
  • 北欧ブランド・スクルツナより初の『ムーミン』フィギュアが発売!
2021.06.28

北欧ブランド・スクルツナより初の『ムーミン』フィギュアが発売!

(C) Moomin Characters TM

400年以上前にスウェーデン国王カール9世によって設立されたSkultuna(スクルツナ)から、初のムーミンコレクションが登場。主にムーミンバレーパークのショップにて2021年7月(予定)より販売開始する。

Skultuna(スクルツナ)は、1607年にスウェーデン国王カール9世によって真鍮の鋳造工場として設立。品質、機能、デザインを美しい形で融合させたホームアクセサリーやジュエリーを展開しており、数々の国際的なデザイン賞を受賞。高品質な製品で知られる世界的なブランドだ。

ムーミンのフィギアは約70年の歴史を持つが、この度登場するスクルツナの新しいフィギュアは、ムーミン・フィギュアの長い歴史に美しいアクセントを加える。
最初のムーミンのフィギュアは、1950年代にアトリエ・ファウニによって作られたが、当初はトーベ・ヤンソンの許可を得ていなかった。手作りの小さな人形をヤンソンが気に入ったため、アトリエ・ファウニはムーミンの公式ライセンスを取得。この美しい人形の需要は年々高まり、現在では世界中のコレクターやムーミンファンの間で高い人気を誇っている。
また、1956年にはすでに、フィンランドの大手デパートのストックマンで様々なムーミン製品が販売されていたが、その中でも最も有名なのが陶器製のムーミンの置物だった。

「Skultuna×Moomin」シリーズには、トーベ・ヤンソンのムーミン物語で最も愛されているキャラクターである、リトルミイ、スナフキン、ムーミン一家をはじめ、スノークメイデン、スニフ、スティンキーが登場。

「トーベ・ヤンソンとムーミンのファンであるスクルツナは、長い間、ムーミンを愛してきました。森の中にあり、同じ緯度に位置しているので、まるで真鍮の鋳物工場がムーミン谷の一部であるかのようです」と、スクルツナのCEOであるViktor Blomqvistはコメントしている。

本フィギュアは、ゴールドのメッキ加工が施されたスチール製。
お気に入りのキャラクターでデスクを飾って、仕事の時間を明るくしたり、家の中の特別な場所にフィギュアを置いて、ムーミンの物語を思い出してみてはいかがだろうか。

>>>「Skultuna×Moomin」ラインナップやイメージを見る(写真5点)

(C) Moomin Characters TM

アニメージュプラス編集部