• 22/7天城サリー、西條和が語る1stアルバムの魅力と錦糸町事件
  • 22/7天城サリー、西條和が語る1stアルバムの魅力と錦糸町事件
2021.07.13

22/7天城サリー、西條和が語る1stアルバムの魅力と錦糸町事件

22/7(ナナブンノニジュウニ) 左:天城サリー(あまきさりー)さん、右:西條和(さいじょうなごみ)さん

2021年7月14日(水)に22/7(ナナブンノニジュウニ)通称:ナナニジの1stアルバム『11という名の永遠の素数』が発売される。メンバーの天城サリー(あまきさりー)さん、西條和(さいじょうなごみ)さんに、1stアルバム『11という名の永遠の素数』の魅力や、結成から5年目の「これから」と「思い出」について語っていただいた。

――1stアルバム『11という名の永遠の素数』のDisc1に収録される新曲『ヒヤシンス』と『空を飛んでみよう』について、曲や歌詞のイメージ、歌ってみての感想をお願いします。

天城 『空を飛んでみよう』は、まるで少年漫画の主人公のように前向きで力強い歌詞が大好きです。みんなをすごく前向きな気持ちにさせてくれる曲だと思います。ライブでも盛り上がりそうな振付になっているので、皆さんの前で披露するのが楽しみです。
 『ヒヤシンス』は、台詞パートがサビにくるような曲をいままで聴いたことがなかったので、すごく新鮮でした。ひとりひとり声に特徴があるメンバー多いので、声優アイドルならではの楽曲になっていると思います。

西條 『ヒヤシンス』は、ダンスの振付にお花のポーズが出てくるんですが、それが私たちのファーストシングル『僕は存在していなかった』と同じお花のポーズになっているので、この曲がアルバムのリード曲になっていることが、すごくしっくりくる曲だなと感じました。
 『空を飛んでみよう』は、思い切り腕を振っていたり勢いよくターンしたりする振り付けなので、踊っていてすごく気持ちがいい曲です。ライブとかで見ていただけると清々しい気分になってもらえるんじゃないかなって思います。



――今回Disc1には今までリリースされたシングル表題曲を中心とした11曲が収録されていますが、その中で一番好きな曲をそれぞれお聞かせください。

天城 一番好きな曲は2曲あるんです。どちらも22/7のターニングポイントになった曲で、初めてメンバー11人で表題曲を歌えた『何もしてあげられない』と、メンバー全員を勇気づけて前向きな気持ちにさせてくれた『風は吹いてるか?』の2曲がすごく好きです。

西條 私は『僕は存在していなかった』なんですが、「私にアイドルができるのかな」って不安な頃に、この曲を歌わせていただいて「このグループなら頑張れるかな」と思ったきっかけになった曲だったので、一番特別な曲になっています。

――ふたりが参加しているユニット「気の抜けたサイダー」(ゆるふわチーム)の新曲『好きになるのは自由だし…』について、楽曲のイメージや歌ってみた感想をお願いします。

西條 初めてのユニット曲『ソフトクリーム落としちゃった』では、ふわふわした曲を歌うのが初めてだったので最初は戸惑っていたんですけど、今回は2回目のレコーティングということで、さすがにちょっと慣れなきゃなって思いました。涼花萌ちゃんとサリーちゃんの声がとても可愛いので、ふたりが歌ってるところを想像しながら、浮かないように気をつけて歌いました。

天城 歌詞に「好きになって文句ある? 彼女がいるって知っているよ だってどうにも止められないんだもん」とあるのですが、私は「彼女がいる人は好きになってはいけない」っていう固定概念があったので、想うだけなら大丈夫なんだなって思ったのと、抑えることができないのが恋なのかっていうのを感じた曲でした。ゆるふわチームって、キャラクターたちが自分に正直に生きている子が多くて、好きなら彼女がいることは知ってるけど「あなたのことが好きです」っていう子たちなので、本当に3人らしい曲だなって思います。

――他ユニットの新曲も聞きましたか? 感想などあればお願いします。

天城 セクシーチーム(蛍光灯再生計画)が歌う『交換条件』が、ゆるふわチームと対象的な曲になっていて、ゆるふわチームは「何もしないから傍から見させて」っていう曲なんですが、『交換条件』は「どんな交換条件も飲もう、それが愛だ!」って、恋人同士を壊してまで、私はその人を手に入れるという情熱的な曲になっています。ハッピーチーム(晴れた日のベンチ)の『To goでよろしく!』は、ハッピーチームの高辻麗ちゃんと「子ども番組のOPみたいだね」と話していたんですが、何も考えずに、すごく楽しく歌える曲だなって思います。いろいろなジャンルの音楽を聴く方も楽しめる3曲になっていると思います。

西條 私は、まだ聴いていないんです。ユニット曲とか自分が歌わない楽曲を、ライブとかでステージの横から観ている時間が大好きなので、ファンの皆さんと一緒にパフォーマンスを含めて初めて観るのを楽しみにしています。

――Aのキャラクターソング盤、Bのユニットソング盤、Cのカップリングベスト盤と3種類の完全生産限定盤が発売されますが、それそれのオススメ・ポイントがあれば教えてください。

天城 2021年2月28日にパシフィコ横浜国立大ホールで開催した『22/7「僕が持ってるものなら」発売記念LIVE』のライブ映像が収録されているAとBは、いままで私たちがソロライブを行った会場で一番広かった会場ですし、久しぶりに有観客ライブで、しかも当時リーダーだった帆風千春ちゃんの卒業でもありました。いろいろな感情と、その日しか見られないパフォーマンスばかりなので、一夜限りのライブ映像を、22/7のひとつの大切な歴史を、ぜひ観ていただきたいと思います。
Cのメイキング映像は、ファンの方々から「リーダーが卒業するからみんな悲しい」とか「大丈夫かな……」とか、心配の声をいただいたんですが、メイキング映像に収録されているリハーサルの映像を観ていただければ、メンバーのみんなが楽しんでいる姿が伝わると思います。これからも22/7は続いていくし、安心して応援できるグループだと伝わる裏側も観てください。あと、メンバーが初めてパシフィコ横浜の大きな会場を見た時のリアクションとかも入ってるので(笑)、ぜひ観ていただきたいです。

西條 私が特典で気になったのが、Cに同梱されるジャケットイラストアートワーク集ですね。他のアイドルさんだと、ジャケット写真は自分たちの姿が映っていたりとかすると思うんですが、私たちの場合はキャラクターのイラストなので、毎回ジャケットが楽しみだったりします。私たちじゃ撮れないような構図だったりするので、いままでのジャケットイラストがまとめられてるアートワーク集は、私も欲しいなって思います。

――カップリングベスト盤の収録曲の中で聴いてほしい曲はありますか?

天城 カップリングベスト盤の収録曲は、ファンアンケートにより選ばれた曲たちですが、『とんぼの気持ち』は、ライブなどであまり披露してないのにも関わらず、ファンの方々に選ばれているので、すごくいい曲なんだなって改めて思いました。まだ聴いたことがない方は、ぜひ聴いていただけたらと思います。

西條 私も『とんぼの気持ち』がすごく気に入っているので、アルバムに収録されたのは嬉しいです。『絶望の花』も最後にやったのはいつだっけって思うくらい前に披露した曲なので、ぜひ聴いてほしいなと思います。
左:西條和さん、右:天城サリーさん

櫻井靖之