• 西尾維新を呪いたくなった?沢城みゆき・堀江由衣が語る『化物語』
  • 西尾維新を呪いたくなった?沢城みゆき・堀江由衣が語る『化物語』
2021.09.21

西尾維新を呪いたくなった?沢城みゆき・堀江由衣が語る『化物語』

▲沢城みゆきさん(左)と堀江由衣さん 撮影/井上大輔

Amazonが提供するオーディオブックAudible(オーディブル)は、いつでもどこでもプロの声優によって読み上げられた本を音声で聴くことができるサービス。そのAudibleにこの度、西尾維新の小説<物語>シリーズ第2弾が登場! アニメ版の同作で、各キャラクターを演じた声優陣が、本の朗読を担当しました。アニメージュプラスでは、『猫物語(白)』を担当した神原駿河役の沢城みゆきさん、『花物語』を担当した羽川翼役の堀江由衣さんにインタビューを実施。西尾維新氏を呪いたくなってしまったという収録の苦労話やアニメシリーズアフレコ時の思い出などを伺いました。

>>>お二人の撮り下ろし写真などを見る(写真13点)

――今回お二人が朗読を担当された、AmazonオーディオブックAudibleですが、その存在は、元々ご存知でしたか?

堀江 私は最近、別の作品でAudibleさんのお仕事をさせていただくことがあり、その際に知りました。

沢城 私も知っていました。というのも主人が結構、作業しながらラジオなど耳で聴くエンタメを楽しむ人で。それこそ私が家に帰ると『アニスパ!』が流れていて、私より主人の方が浅野(真澄)さんのことを知っているような感じだったんです(笑)。Audibleのことも主人を通して聞いていて、「12時間も朗読してくれる人がいるなんてありがたいねぇ」なんて、どこか対岸の火事のような気持ちでいましたので、まさか今回という感じで(笑)。

――それはまさかですね(笑)。朗読するというのはどんな風に決まったのでしょうか?

沢城 「神谷さんがやるならやる」って言いました(笑)。

堀江 全く一緒です。私もみんながやるならって(笑)。

沢城 神谷さんがやるなら、<物語>に関してはみんなやるんですよ。

堀江 割とそんな感じだよね。

沢城 神谷さんにゆだねられているんです。

――実際に朗読してみていかがでしたか?

沢城 私、皆さんの朗読をお聴きしたいとお願いして音源をいただいたのですが、堀江さんの朗読、素晴らしかったです!

堀江 え? 聴いたの? 私も貰えば良かったー! 他の方のはどうでした?

沢城 まっすぐ歩けと言われた時と同じくらい、文章をただ読むって難しいなと思っているのですが、そんな時こそ、普通にお芝居するよりもずっと、その人の癖というものが見えてくる気がして。どの方のも凄く興味深かったです。やはり、オリジナルのキャストとは違う声で既存のキャラクターを聴くことになるので、最初はどうしても違和感があるのですが、そこを乗り越えると段々愛着が湧いてきて、そういうものとして聴けるようになるんです。それに、皆さんそれぞれ取り組み方から違っていて勉強になりました。

――ただ読む朗読は難しいとのことですが、今回はどんなところが?

沢城 朗読して難しかった点としてはそうですね……。物語が一人称で喋って進むから、どうやったってそのキャラクターに寄っていってしまうところですかね。私も「似せよう!」という志はなかったのに、どうしても(沢城さんが朗読した『猫物語(白)』主人公・羽川翼役の)由衣ちゃんに寄っていってしまいましたし。

堀江 そうなんですよ! 頭の中の再生音と自分から出力された音が違うのが気持ち悪くて、どうしても自然に寄せてしまうんですよね。そもそも私、これまで朗読というものをしてこなかったので、まずどうやってやるんだろうとスタッフの方に尋ねてみたところ、「それぞれです」と言われて……。「それぞれって何だ?」ってなりました(笑)。自分なりにやっていくしかなかったのですが、自分の中でどう落とし込んでいくのかが難しかったです。

アニメージュプラス編集部/撮影:井上大輔