• 『ゲゲゲの鬼太郎』51周年上映会トークショーに野沢雅子、庄司宇芽香、藤井ゆきよが登壇!
  • 『ゲゲゲの鬼太郎』51周年上映会トークショーに野沢雅子、庄司宇芽香、藤井ゆきよが登壇!
2019.11.25

『ゲゲゲの鬼太郎』51周年上映会トークショーに野沢雅子、庄司宇芽香、藤井ゆきよが登壇!

【左から】東映アニメーション永富大地プロデューサー、野沢雅子さん、武良布枝さん、原口尚子さん、藤井ゆきよさん、庄司宇芽香さん

『ゲゲゲの鬼太郎』の原作者・水木しげるのゆかりの地、東京都調布市にて、その命日である11月30日を中心に、2019年11月23日(土)から12月1日(日)まで開催されるイベント「ゲゲゲ忌」。2016年からスタートし、今年で4回目の実施となる「ゲゲゲ忌」の開幕となる11月23日(土)、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』51周年上映会にキャスト陣から野沢雅子、庄司宇芽香、藤井ゆきよの3人が登壇しトークショーを行った。



「ゲゲゲ忌2019」の初日、11月23日(土)のトークショーには、野沢雅子(第1期・第2期 鬼太郎役、第6期 目玉おやじ役)、庄司宇芽香(第6期 ねこ娘役)、藤井ゆきよ(第6期 犬山まな役)の3名が登壇するトークショーが行われ、それに先立ち、水木先生の長女であり水木プロダクション社長の原口尚子氏、水木しげる夫人で「ゲゲゲの女房」としても知られる武良布枝さんも登壇し、お二人からはゲゲゲ忌の開幕宣言、ご挨拶も。

当日、トークショー前に上映された第6期・第14話「まくら返しと幻の夢」について野沢さんが「目玉おやじの姿がイケメンでびっくりしました」と語ると、司会を務めた永富大地プロデューサーから「テストの時、指先が光ったら最初『かーっ…』って言いましたよね」と収録スタジオでの裏話が飛び出す。野沢さんといえば『ドラゴンボール』孫悟空でもあり、「かーっていうのもいいかな、なんて」と語る野沢さんに会場からも大きな笑いが巻き起こった。

さらに、同じく上映された第6期・第39話「雪女純白恋愛白書」については、第3期から第5期の歴代のねこ娘を演じた声優がゲスト出演した(第3期・三田ゆう子さん、第4期・西村ちなみさん、第5期・今野宏美さん)回だったということもあり、現役のねこ娘として庄司宇芽香さんが「代々受け継がれている作品だからこそで、こんな素敵な回を用意して下さったスタッフの皆さんに感謝です」とその思いを語った。永富プロデューサーからは「最初は演出家の希望で西村さんに雪女をお願いすることになって、そのOKが出た時に、皆さん揃って頂いたら面白いんじゃないか、ということになった」と驚きの経緯が明かされた。

「去年のゲゲゲ忌の時は、まなちゃんがあんなにひどい目に遭わされるとは思っていませんでした」と第6期1年目のクライマックスを振り返った藤井ゆきよさん。「1年かけて鬼太郎ファミリーの絆ができて仲良くなった矢先の大試練で、私自身すごくショックで、一人では乗り越えられなかったものを鬼太郎やねこ姉さんが助けてくれて、ちょっと罪悪感というかトラウマがあったんですけど最近克服できてきました。すごく人間らしくて、間違ったり足りていないところがあっても、少しずつ成長していっていると思います」と実感を語った。

文/小田サトシ