• ヘビクラ隊長はジャグラス ジャグラー! 青柳尊哉インタビュー
  • ヘビクラ隊長はジャグラス ジャグラー! 青柳尊哉インタビュー
2020.07.18

ヘビクラ隊長はジャグラス ジャグラー! 青柳尊哉インタビュー

ヘビクラ隊長はジャグラス ジャグラー! 青柳尊哉インタビュー(C)円谷プロ (C)ウルトラマンZ製作委員会・テレビ東京

『ウルトラマンZ』の出演者に青柳さんの名前を見た時から、是非お話をうかがいたいと思っていたことが実現しました! しかもヘビクラがジャグラーであるということが正式にオープンになったところでの掲載にしていただいたので、ジャグラス ジャグラーに対する青柳さんの想いをたっぷりとうかがいました。このインタビューを読んだ後で、ここまでの『ウルトラマンZ』を観直しても楽しめますよ!


本当にジャグラーが隊長ですか!?


――本作に出演することになった経緯を教えてください。

青柳 ちょうど1年前、去年の7月頃、早い段階でお話をいただいていました。田口(清隆)監督とは『ウルトラマンオーブ』以降も付き合いがあって、いろいろな作品でご一緒させていただきました。一番信頼している監督であり、本当にくだらない相談もしたりしていて。ある時に「実は新しいウルトラマンを監督するんだ」という話を聞いて、「ぜひやりなよ!」って話をしていたんですが、それまでも「いつかもう一度ウルトラマンをやりたいよね」とか「ジャグラーで出たいですね」という話はしていたんですが、まさか(円谷さんから)隊長でオファーを受けるとは思いませんでした。しかも「正体はジャグラーで!」って。どういうこと? って思いました。そんなの絶対に許可下りないと思っていたんですよ。最初は話半分くらいで聴いていたんですが、各方面からもお話をいただいて…それでも「本当に?」って感じでした。それが去年の7月〜8月くらいだったので、事務所がものすごいスピードで僕のスケジュールをおさえてくれました(笑)。
最初は戸惑いましたね。断ったほうがいいんじゃないかって一瞬迷ったんですが、でもこんな名誉なことはないし、僕以外にこの役をやられても嫌だなと思って。すぐ「やります!」とお返事しました。

――ヘビクラ ショウタという役についてはまだ聞いていなかったんですか。

青柳 最初から決まっていたのは、『隊長でジャグラー』ということでした。ジャグラーにはジャグラーの目的があって隊長をやっている、というオファーでした。そのときは脚本の吹原(幸太)さんも一緒にいらっしゃったので、田口監督と吹原さんと3人でいろいろなことを話しました。田口監督はどんなことがやりたいのか、「なるほど」ということばかりでした。僕はもう「任せます」というか、おふたりのムーブに全力で応えていいきたいと思いました。円谷プロさんやそれ以外に関わる人達も、青柳が出るということを受け入れてくださったので、その思いに応えなきゃ。という感じです。

――ヘビクラとジャグラーって印象は全然違いますよね。

青柳 僕も田口監督もそもそもあんなに別人だと思われるとは予想していなかったんです。ヘビクラという役とはいえ青柳尊哉が出る。ヘビクラっていう名前が、要するに「ジャグラー(蛇+倉)」ですし。だからすぐに、「ジャグラーだ!」ということになると思っていたんですが、意外と反応が錯綜したというか、結びついていない方がいらっしゃいましたね。
監督たちとはすごく丁寧にディスカッションをしました。使い分けというか、芝居の中でジャグラーを出すタイミングを間違えないようにしようって。「ヘビクラだから」ではなく「ジャグラーだから」というのが前提で、2役あると思われたらいけないということも含めて。ただそれは人格を変えているということではなくて、ジャグラーがヘビクラを演じている、ということにしていこう、となりました。でも、画面での見え方はヘビクラがベースになってくるから、じゃあ要所で出てくるジャグラーはどこでどう使おうかっていう議論があって。
基本的には内側だけがジャグラーで、外に発するときはヘビクラで出そうとか。すごく難しかったですね。各話の監督にしても、押し切ろうと思えばジャグラーの素の人格を出していけるけど、それだと意味がないから、ジャグラーらしさが強いところは削ったんです。第1話でも第2話でも、当初は台本にあったけど使わなかった部分があるんですよ。これはやりすぎかなっていうところ。
この後の放送で、ジャグラーの目的だとか、なぜここにいるのかっていうことが明かされてくるんですが、『オリジンサーガ』や『オーブ』のシーン的なダブらせがあるんですよ。そこでジャグラーの表情が漏れてくるっていう楽しみ方をさせてもらってます。だから、初めて見る人には気持ち悪い隊長だったり、信頼していいのか、何を考えているのかわからない隊長だったり、別の楽しみ方をして頂けるように作っているんですが、以前から知ってる人にはセリフのオマージュだとか、ジャグラーの心をキャッチできている人にとっては、くすぐられるシーンになっていたり。「そういうことだったのか!」と納得できるシーンをちりばめてやっています。でも一番に考えているのは、今までの作品を知らない人に楽しんでもらえることでしたね。
ただ、難しいっていうことはすごく言ってるんです。田口監督からは「とにかくジャグラーは枯らしたい」って言われてたんです。僕の中でも、『オーブ』や『オリジンサーガ』のときが二十代、三十代だとすると、四十代に入ったジャグラーはどんな枯れ方をしていって、どんな変化をしていくのかっていうのはすごく話しましたね。ジャグラー自身も変容していくっていうのを、『Z』では見せていけたらいいねと話していました。


(C)円谷プロ (C)ウルトラマンZ製作委員会・テレビ東京

文/阿部雄一郎