• ドラマティック・バディ5選!〜アニメージュの表紙を飾った相棒たち〜
  • ドラマティック・バディ5選!〜アニメージュの表紙を飾った相棒たち〜
2020.09.13

ドラマティック・バディ5選!〜アニメージュの表紙を飾った相棒たち〜

アニメージュ2020年10月号表紙

現在発売中のアニメージュ2020年10月号の表紙を『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』の神戸大助と加藤春が飾っている。
かたやクールでマイペースな大富豪の大助。かたや庶民的で人情派の加藤。
そんな正反対の二人が徐々に “相棒=バディ” としての絆を形作っていくドラマが、『富豪刑事』の大きな魅力。
巻頭特集では、そんな彼らの関係性の変遷にも迫っているのでぜひチェックしてほしい。

さて、これまでもアニメージュでは、さまざまな “相棒” たちが表紙を飾ってきた。
そこで今回は、編集部が独自にセレクトした “相棒” たちの表紙を紹介しよう。


伊達政宗&片倉小十郎 /『戦国BASARA』(アニメージュ2010年2月号)
隻眼の若きカリスマ・政宗と、そんな政宗が唯ひとり背中を預ける腹心・小十郎。自らが信じる道を真っ直ぐに突き進む政宗を、小十郎は心から信頼し支える。時に厳しく苦言を呈することもある小十郎だが、政宗に向ける目線に迷いはなく、時に兄のようでもある。そして政宗は、幼い頃から自分を鍛えてくれた小十郎を尊重し、日々の小言にうんざりしつつ、自分も小十郎のように誰かを導く者であろうと願う。そこには、主従という関係を越えた理想の“相棒”関係があるといえるだろう。


鏑木・T・虎徹&バーナビー・ブルックス JR./『TIGER & BUNNY』(アニメージュ2012年11月号)
ヒーローたちがスポンサーロゴを背負って事件解決や人命救助に奔走し、それが人々に中継される世界。ピークを過ぎたベテランヒーローのワイルドタイガーこと鏑木・T・虎徹と、新進気鋭のヒーローバーナビー・ブルックス Jr.がコンビを結成! 古風なベテランとクールでドライな新人という、対照的で年齢差も大きい二人は、激しくぶつかり合いながら事件に立ち向かい、やがて唯一無二のバディへと成長していく。

アニメージュプラス編集部