• 誕生80周年で初の展覧会『トムとジェリー展』 貴重な資料が海を越える!
  • 誕生80周年で初の展覧会『トムとジェリー展』 貴重な資料が海を越える!
2020.11.16

誕生80周年で初の展覧会『トムとジェリー展』 貴重な資料が海を越える!

TOM AND JERRY and related characters and elements (C) & ™ Turner Entertainment Co. (s20)

2020年に誕生80周年を迎えることを記念し開催される世界初の展覧会『トムとジェリー展』が、横浜赤レンガ倉庫にて2020年12月18日(金)~1月13日(水)に開催される。

1940年にウィリアム・ハンナとジョセフ・バーベラの天才コンビが世に送り出した短編アニメーション『トムとジェリー』。ネコとネズミのドタバタ劇は瞬く間に人気を博し、7回のアカデミー賞に輝く大ヒットシリーズだ。子どもの頃に見た “ワクワク” “ハラハラ” なアニメーションは、世代を超えた名作として世界中の人々から愛され続けている。

本展は、2020年に誕生80周年を迎えることを記念し開催される世界初の展覧会。アメリカのワーナー・ブラザーズ アーカイブで大切に保管されていたものを中心に、約250点の原画や資料を展観。『トムとジェリー』のデビュー作「上には上がある」の貴重なセル画や設定資料、アカデミー賞に輝いた「ピアノ・コンサート」や、「武士道はつらい」のラフスケッチ、ストーリーボードなどを通して作品の魅力に迫る。

また『チキチキマシン猛レース』や『原始家族フリントストーン』など、日本の子どもたちをも虜にしたハンナ=バーべラ作品も振り返る。

いつまでも色あせることのない作品たちの魅力を、ぜひ会場で楽しもう!

TOM AND JERRY and related characters and elements (C) & ™ Turner Entertainment Co. (s20)

アニメージュプラス編集部