• 【『映画大好きポンポさん』SP】富澤祐介が語る平尾隆之監督と『ポンポさん』
  • 【『映画大好きポンポさん』SP】富澤祐介が語る平尾隆之監督と『ポンポさん』
2021.06.14

【『映画大好きポンポさん』SP】富澤祐介が語る平尾隆之監督と『ポンポさん』

(C)2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/映画大好きポンポさん製作委員会

現在、絶賛公開中の『映画大好きポンポさん』を手掛けた平尾隆之監督について、縁の人に語ってもらうインタビュー企画。
今回登場するのは、ゲーム『GOD EATER』シリーズを手掛けたバンダイナムコエンターテインメントのプロデューサー・富澤祐介だ。
『映画大好きポンポさん』を平尾監督が手掛けるにあたり、きっかけとなった彼に、『GOD EATER』を通して経験した平尾監督との濃密な仕事を振り返ってもらった。

>>【画像】『映画大好きポンポさん』の場面カット(写真10点)

【富澤祐介プロフィール】
バンダイナムコエンターテインメント所属。ゲーム『GOD EATER』シリーズや『テイルズ オブ』シリーズ等のプロデューサーを務めている。

ポンポさんと平尾監督の出会いを演出

——『映画大好きポンポさん』の映画化を平尾監督に推薦したのは、富澤さんだそうですね。

富澤 そうですね、平尾監督の前作であるTVシリーズ『GOD EATER』を踏まえて、また平尾監督と何か作りたいという思いが、まず我々の中でありました。そこで、たまたま『ポンポさん』の原作との出会いがあり、平尾さんに最初にけしかけた張本人が僕です。

——どんな理由で、平尾監督に『ポンポさん』の映画化を持ちかけたのでしょうか?

富澤 平尾さんともう1回、ある意味 “大復活” を遂げる企画をやろうぜっていう話は、お互いにしていたところがあって。そこから、平尾さんはどういうものを作りたいのか、どういう作品が平尾さんに合っているのかということを、自分なりに悩みながら答えを探していたんです。そんな時期に、たまたまTwitter上で『ポンポさん』を知り、読んでみたら作品の中に “平尾さん” がいた。何なら、“僕自身” もいるような気がした。そのくらい、我々に刺さる作品が突然天から降ってきたような感覚を受けました。だから読んで即日、平尾さんに「これ、読んで欲しい」と伝えました。その時点で「これを平尾さんが90分の映画にする」という考えも僕の中では浮かんでいたので、「読んでみて、返事をくれないか」と、半ば強引に話を振った感じです。

——具体的に『ポンポさん』という作品のどこに魅力を感じ、どこが平尾監督に合うと思えたのでしょうか。

富澤 原作には本当にいろいろな魅力がありますが、まず、実は自分自身が元々学生時代に映画を作ったりしていたんです。今はゲームのプロデューサーという立場ではありますが、当時は自分でも手を動かして、8ミリを回していた時代もあったので、作中で扱われているモチーフや、そこで語られている真実味のあるセリフに、まずはいち読者として惹かれました。また、ジーン君が抱えているルサンチマンや、“クリエイティブに関わらないなら死ぬしかない” という強烈な思いも、クリエイターやそれを目指す人からすると強く共感できる視点だな、と。そして、ジーン君のそんな心持ちは、平尾さんが常に言っている「マイノリティがマジョリティに一矢報いる」というテーマにもぴったりハマるだろうと、読んだ瞬間に思いました。そういう意味ではリンク度が高かった、というと単純すぎますが……自分と平尾さんの中で、この作品で圧倒的にいいものを作れるという直感がひらめいたところはありましたね。また、原作はいい意味でシンプルだし、はっきりしたヒール(悪役)もいない、幸せな語りの構造ももっていて。実は、平尾さんはそういう作りのシナリオが好きなようだったので、それもハマりがいいかな……と、すべてピースがはまってきて。この作品を平尾さんが、また誰も見たことがない演出で、90分で映像化したら、それは脳が痺れるよなーーそんな思いからご提案しました。

(C)2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/映画大好きポンポさん製作委員会

アニメージュプラス編集部