• SparQlewメンバー5人が語る「新ミニアルバムは変化に満ちた1枚に」
  • SparQlewメンバー5人が語る「新ミニアルバムは変化に満ちた1枚に」
2021.09.15

SparQlewメンバー5人が語る「新ミニアルバムは変化に満ちた1枚に」

SparQlew/(右から)保住有哉、千葉翔也、上村祐翔、堀江瞬、吉永拓斗 (C)Kiramune Project

『ボイスアニメージュ』のインタビューコーナー『Voice Feature』がWEBで展開! 第1回目は、SparQlewが登場です。

上村祐翔さん、千葉翔也さん、保住有哉さん、堀江瞬さん、吉永拓斗さんの5人からなるKiramuneのユニット・SparQlewが9月15日に1stミニアルバム『Daybreak』をリリース。たっぷり語っていただいたインタビューのうち、今週はリード曲やMV撮影などのエピソードを前編としてお届けします!

【Voice Feature:01 SparQlew】

――今回のミニアルバムの制作が決定した時のお気持ちは?

保住 制作が決定した時は、「わーい! またCD出せるんだ!」って感じでしたね。

千葉 ソロ曲が入るということもあったので、僕ら自身も楽しみでしたし、ファンの皆さんにもワクワクしていただけるだろうなと感じました。

上村 企画ミニアルバムと聞いていたので、今までリリースしたシングルやフルアルバムとはちょっとまた毛色の違うものを出せたらいいなあというのは、みんなで話していまして。

堀江 僕以外の4人がどういうソロ曲を出してくるのか……なんとなくのイメージはありましたけど、たぶんそういう予想を大きく裏切ってくるんだろうなと個人的にもすごく楽しみにしていました。

吉永 ソロ曲が収録されると聞いた時は、それはもうちょっと未来の話かなと思っていたので、アグレッシブな印象を受けましたね。

――リード曲『Dance in the Twilight』はどんな曲ですか? 歌詞のイメージや印象的なフレーズなど教えてください。

保住 曲選びから参加させてもらったので、まずは30曲ぐらいまで絞ってもらった候補曲を5人で聴いて、そこからグループLINEに一人3曲ずつくらいお気に入りを挙げていきました。「Fan×Fun Time 2021」の楽屋で決定したんですけど、再度みんなで何曲か聴き比べて、音楽制作のディレクターさんも交えながら相談しまして。

千葉 スタッフさんから、今回はEDM調の曲だったりK-POPの雰囲気を出したいというお話があったんですけど、そこを突き詰めていった先にあるのが、SparQlewらしさにやや欠けるんじゃないかということもあったので、ライブで5人揃って歌っていることが想像できる範囲内で選びたいねという話にはなりました。この曲を最初から挙げていたのは誰だったっけ?

保住 俺と瞬がこれをすごく推してて。翔也はあんまり乗り気じゃなかったよね(笑)。

千葉 俺には最初まったく刺さらなかった(笑)。

上村 僕も最初この曲は候補に入ってなくて。みんなそれぞれ3曲ずつくらい推しがあって、どれになってもおかしくない状態でした。でも、それまで自分一人で聴いて想像できる範囲で考えていたけど、改めて5人で集まって一緒に聴いていろいろと話していくうちに、この曲だったら今の自分たちよりもちょっとラインを上げたところで表現できそうだなあと感じたんです。

保住 刺さってない翔也に刺していく作業もしました(笑)。5人で歌った時にここをこういうふうにしたらこうなるんじゃないって話していったら、「まあ確かにありかも……」となって(笑)。最後は『Dance in the Twilight』と翔也が推していた曲の2曲だったので、聴き比べてよりビジョンが見えそうなほうをみんなで選んだ感じです。

アニメージュプラス編集部