• SparQlewの1stミニアルバムは個性が光るソロ曲にも注目!
  • SparQlewの1stミニアルバムは個性が光るソロ曲にも注目!
2021.09.22

SparQlewの1stミニアルバムは個性が光るソロ曲にも注目!

SparQlew/(右から)保住有哉、千葉翔也、上村祐翔、堀江瞬、吉永拓斗 (C)Kiramune Project

『ボイスアニメージュ』のインタビューコーナー『Voice Feature』がWEBで読める! 第2回目は、SparQlewのインタビュー後編をお届け!

上村祐翔さん、千葉翔也さん、保住有哉さん、堀江瞬さん、吉永拓斗さんの5人からなるKiramuneのユニット・SparQlewの1stミニアルバム『Daybreak』が発売中。インタビュー後編では、ソロ曲についてじっくり語っていただきました!

【Voice Feature:02 SparQlew】

――今作にはソロ曲が収録されています。まずは保住さんが歌うM2『ALARM』につきまして、楽曲のイメージなど伺えますでしょうか。

保住 日常に溶け込みやすい曲を意識しました。打ち込みの多いピコピコした曲を歌いたいと思って楽曲を依頼したんですけど、最初はポップ過ぎたので少し抑えてもらって。歌詞的なところでも、意味をもたせるよりは語感がいいものでお願いしましたね。サビのフレーズとかイントロとか、あのピコピコ感がなんとなく口ずさんじゃうような音作りになっているので、シーン問わずいろんな人に聴いてもらいやすい曲になればいいなと思っています。

千葉 保住からは中毒性のある曲を作りたいと聞いていたのですが、マイルドさの中に保住のパーソナルも見え隠れする絶妙なラインだなと。

上村 『ALARM』ってタイトルのとおり、目を覚まされるような曲で、曲順的に『Dance in the Twilight』の次なので、2曲目で一気に夜が明けたなって(笑)。ポップでキャッチーで、ちゃんと聴くこともできるしBGMに流しておくような聴き方もできる耳馴染みのいい曲です。

堀江 繰り返し聴きたくなるような曲調で、2曲目にこの曲が来るということの意味を発揮しているように感じました。

吉永 ポップさが際立っていて、さらにリリシズムな部分も感じられて、最近のJ-POPを彷彿とさせる意図がバチバチにハマッているなあと。歌い方もすごく繊細な表現が多くて、すごくかっこいいなって思いました。

――それでは3曲目、『アオシグレ』については堀江さん、いかがですか?

堀江 Kiramuneで堀江瞬が一人で歌うという時に、どういう曲を歌わせたいと思うんだろうかと、客観的に見た僕のイメージを知りたくて、今回オーダーらしいオーダーをしなかったんです。自分からしたのは「雨や雑踏の音を、曲のイントロや途中にアクセント的に入れてほしいです」というお願いだけ。この曲も意味を伝えるというよりは印象重視の曲で、歌い方もそういうふうに意識しました。キーが高い曲ってどうしても声を張って表現したくなるんですけど、そこはグッとおさえて肩の力を抜いたようなニュアンスで歌えたらいいなと思って表現しました。

保住 耳ざわりがよくて声も綺麗。そこに、後ろの音が歌謡曲のようなレトロな感じも醸しだしつつ、生っぽい音を使ってるところが意外にもマッチしててすごくいいなって思います。

千葉 サビでメロディの音符の数が減るのが最高に気持ちいいですね。普通、盛り上がるところだと思うけど、それがすっごくいい。

上村 堀江くんの世界ですよね。声がなくなったと思ったら急に綺麗な声がファーッてくるところで、一気に心を鷲掴みにされる感じ。美しい世界に浸らせてもらえるなと思いました。

吉永 女性ボーカルなんじゃないかと思うような色気がありますよね。自分の世界を確立しててすごいなって思いました。

アニメージュプラス編集部