• 『ガチョシアター』松田賢二&髙寺成紀が語るアニメ・映画館の思い出
  • 『ガチョシアター』松田賢二&髙寺成紀が語るアニメ・映画館の思い出
2021.04.06

『ガチョシアター』松田賢二&髙寺成紀が語るアニメ・映画館の思い出

軽妙なトークで場を盛り上げてくれた松田賢二さん

調布市では「映画のまち調布」応援キャラクター「ガチョラ」を活用した30秒間の動画『ガチョシアター』を制作、市内の映画館「イオンシネマ シアタス調布」のプレアド(本編開始前の広告)として上映中だ。
4月16日(金)から上映される『ガチョシアター』第2作には、『仮面ライダー響鬼』でザンキ役を演じた松田賢二さんが出演することとなった。松田さん、そして『響鬼』前期のプロデューサーであり、今回の動画プロデュースも務める角川大映スタジオ・髙寺成紀さんにお話をうかがった。

――松田さんは『ガチョシアター』という企画はご存知でしたか。

松田 いえ、最初は絵コンテを読んで「こういうご当地キャラ的なものなのかな?」っていう感じで。こう言っては何ですが内容はあまり気にしていなくて。「師匠(髙寺さん)が声をかけてくれたからやる」っていう、それだけでしたから。

――髙寺さんとのお仕事はいつ以来ですか。

松田 それこそ筋立てがあるものとしては『仮面ライダー響鬼』以来ですね。『響鬼』のイベント(20年2月22日開催の『仮面ライダー響鬼』BD-BOX好評発売御礼イベント 久々之巻「集う輝き」)が1年前にありましたが、『大魔神カノン』の時は声をかけてくれなかったし……。

髙寺 すみません(笑)。

――では今回、髙寺さんとは「お久しぶり」という形なんですか。

松田 ちょこちょこと電話とかLINEでは連絡しているんですよ、髙寺さんは僕にとってすべてを晒せる人なので。あと京都の撮影所に行った時にお会いした東映のスタッフの方に怪獣同盟(髙寺さんが創設した早稲田大学の特撮サークル)出身の人がいて、「あの下ネタが大好きな人!」っていう話で関係性が築けるのも有難い話だなあと思ってます。

髙寺 そんなとこで俺がツナギ役になってたなんて(笑)。

――なぜ髙寺さんには全てをさらけ出せるんですか。

松田 何でですかね……とりあえず、プロデューサーでありながら、こんなに下ネタを話せる人はいないですからね。

――心を開ける安心感がある?

松田 ていうか、他のプロデューサーとか偉い人って、AVに興味持ってないですから。

――そこですか(笑)、じゃあちょっと話を元に戻します!(笑) 絵コンテを読まれての感想はいかがですか。

松田 「強面の僕を活かしてくれてありがとうございます」っていう。でもまさか、こんな取材を受けるほどの大層なものとは思っていませんでした(笑)。

アニメージュプラス編集部