• アップアップガールズ(2)鍛治島彩が語る、新曲「どのみちハッピー!」と大好きな音楽のこと《後編》
  • アップアップガールズ(2)鍛治島彩が語る、新曲「どのみちハッピー!」と大好きな音楽のこと《後編》
2020.05.29

アップアップガールズ(2)鍛治島彩が語る、新曲「どのみちハッピー!」と大好きな音楽のこと《後編》

アップアップガールズ(2)鍛治島彩が語る、鍛治島彩/かじしま あや 1999年7月21日生まれ。千葉県出身。20歳。アプガ(2)の初期メンバーのひとりであり、鼻リコーダーの人としても有名。2020年11月20日放送「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ)の「足が臭くてブーツが脱げない女子SP」にアイドル代表として出演し、その必死さから「足臭いより嘘臭い」との褒め言葉をもらった。YouTubeでMVが公開されたアプガ(2)の新曲「どのみちハッピー!」の作曲を担当し、作曲家としての道も歩み始めたばかり! 特技:


■かじぃがアプガ(2)という試練に迷い込んだ!?

ーーそこから、アプガ(2)のオーディションを受けたわけですが、これまで話を聞いて、なんで急にそうなるのか驚きです。

鍛治島 家族もみんな驚いてました。まず、わたしが自分から「これがやりたい」って言ったことに対してビックリしたんだと思います。ずっと、すごいダメダメなオーラを発したと思いますし(笑)。

ーーでもそれで、SHOWROOMオーディションで、鼻リコーダーが生まれたわけじゃないですか? それはある意味奇跡だと思うんですよ。

鍛治島 本当ですね! 鼻リコーダーがそこで! 鼻で吹いてとコメントがあって、吹いたらみなさん盛り上がってくださって。「わ~! 嬉しい~!」って感じでしたね!

ーーリコーダーがすぐ出てくるところにあったのもすごいですし、リコーダーはもともと得意だったんですか?

鍛治島 得意ですし、大好きでした。リコーダーって、和音じゃなくて単音じゃないですか。だから、音を聴いたらいっくらでも吹けるんで、リコーダーは大好きだったんですよ。だからリコーダーは大切に部屋に置いていました。

ーーそれまでは、リコーダーを部屋で吹いたりはしてなかったんですか?

鍛治島 してましたしてました! 大好きでよく吹いていたんで、SHOWROOMオーディションで配信していたときも目の前にあったんです!

ーーそうだったんですね! 普通リコーダーがすぐ出てこないよなとは思っていたんですよ。

鍛治島 ですよね! それも奇跡なんですよ! そこから、毎日鼻で吹いてましたね。

ーーなるほど、それである意味必然的に鼻リコーダーの奇跡が起きて、合格して、かじぃはアプガ(2)の初期メンバーになりました。

鍛治島 鼻で入ったようなもんですよね(笑)。でも、大好きな音楽に携わるお仕事ができるというのが、ものすごく嬉しかったです。歌うことが好きなのかといったら、その時はよくわからなかったんですけれども、音楽が好きで、身体を動かすのも好きだったんで、歌って踊るアイドルが出来るのはすごく嬉しいと思ったのは覚えています。

ーーオーディションを受けようと思ったときは、そこまで考えてなかったんですかね?

鍛治島 ……はい! 本当に申し訳ないんですけど、受かるとは思ってなかったですし、アイドルをやろうとも思ってませんでした。ちょっと試練の森に迷い込んでみようくらいの感じで……それが終わったら、これまでと同じ日常に戻るんだろうなと思ってたんです! すいません! でもオーディション進んでいくうちに、アイドルやりたいと思うようになりましたよ! 本当に! すいません!

ーー(笑)

鍛治島 わたしだけ、甘い気持ちで受けてしまったなと、最終審査に残ったメンバーを見たときに思いました。「ヤバい、わたしだけ違うな、これ」って(笑)。

ーーなるほど。でもかじぃが合格していなかったら、アプガ(2)はまったく違うグループになっていたんじゃないかと思いますよ。

鍛治島 そうなんですよ! 絶対そうだと思います! 合格したあとは、わたしが合格してよかったと思ってもらわないとって、がんばりました。初期メンバーの5人のうち、3人はアイドル経験者で、りっこーちゃん(20196月に卒業した橋村理子)はアイドル未経験ですけどバレエをやっていたんです。だから本当にわたしだけが歌もダンスも未経験で! あからさまにわたしだけ出来ない、っていう感じでした。アイドル好きの視点から考えても、これまで観たいろんなアイドルさんのメイキングでも、あからさまに出来ない人っていなかったですし。「ダンス苦手なんです」とか言っていても、ちゃんと踊れるようになるんですよ。いま考えると、影で努力している部分は見せてなかったんだと思いますけど、当時のわたしはもう焦りばっかりでしたね。

ーー最初は高校生で、学業との両立も大変だったんじゃないですか?

鍛治島 学校に通ってるころは、学校が終わってからレッスンとか、家でダンス覚えたりとかで、睡眠時間1時間が2週間続いたこともありましたね。佐保さんのバックダンサーの時(20173月に開催されたアップアップガールズ() の佐保明梨のソロライブのこと)とか、「小夏パイセンお祝いスペシャル」(2017年に開催されたアップアップガールズ() の古川小夏をアプガ(2)がお祝いするイベント)のときとかですね。ただ単に、自分が覚えるのが遅いだけなんですけどね! 

ーー佐保ちゃんのソロライブは、合格してからすぐ、1か月後とかですよね。

鍛治島 あの頃はメンバーにも出会ったばっかりですし、ステージに出るときはみんな不安だったと思います。おたがいの信頼関係も、まだできあがってなかったですから。それでこれから信頼関係を築いていかなければいけないという中で、わたしがダンスもなにも出来ないと余計に不安にさせてしまう。みんな顔や言葉には出さないけど、きっと不安にさせてしまう。そう思っていたので、ダンスの振りを覚えていない状態で、絶対に練習場に行ってはいけないと考えてました。正直わたしは振りを覚えたくらいじゃ、どうにもならないくらい下手だったんですけど、最低限覚えていこう。それで練習で直されたとことは、絶対に忘れないようにしよう。あの頃はそう考えて、毎日挑んでましたね。

アニメージュプラス編集部