• アップアップガールズ(2)鍛治島彩が語る、新曲「どのみちハッピー!」と大好きな音楽のこと《後編》
  • アップアップガールズ(2)鍛治島彩が語る、新曲「どのみちハッピー!」と大好きな音楽のこと《後編》
2020.05.29

アップアップガールズ(2)鍛治島彩が語る、新曲「どのみちハッピー!」と大好きな音楽のこと《後編》

アップアップガールズ(2)鍛治島彩が語る、鍛治島彩/かじしま あや 1999年7月21日生まれ。千葉県出身。20歳。アプガ(2)の初期メンバーのひとりであり、鼻リコーダーの人としても有名。2020年11月20日放送「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ)の「足が臭くてブーツが脱げない女子SP」にアイドル代表として出演し、その必死さから「足臭いより嘘臭い」との褒め言葉をもらった。YouTubeでMVが公開されたアプガ(2)の新曲「どのみちハッピー!」の作曲を担当し、作曲家としての道も歩み始めたばかり! 特技:


■カジスティックLIVEを経て、これからやりたいことは?

ーーなるほど、そういう覚悟でアプガ(2)に挑んでいたんですね。その頃から見ているファンのみなさんは、そのかじぃのガンバりで、成長していったことを知っていると思います。ファンの数もどんどん増えて、自分から見ると、かじぃのファンはかなり多いですし、かじぃのことを理解している人が多いと感じます。

鍛治島 本当ですか!? ええ~、いや、あの、えぇ~!? ……嬉しいですね()。かじぃファンのみなさんは、本当にもの好きですよ(笑)。いや、とにかくファンのみなさんに支えられてます。

ーーいや、ステージでのかじぃのパフォーマンスは見ていると楽しいですよ! 自分が最初に観た時から、とにかく元気に楽しそうに踊る子だなぁという印象でした。

鍛治島 ステージに立つと、なんか全部が嬉しいんですよね。わたしにとっては、ステージに立つというのは普通じゃないことなので。普通だったら、客席にいる人なんで。わたしが歌ってるのは、奇跡なんですよ。だからいまも、ステージに立てることが嬉しいなって思っています。だからあとから映像を観て、「あれ、自分なんかはしゃいでるなぁ……ヤバいよこれ」っていうことがよくあります。

ーーわかります(笑)。かじぃはお客さんへのレスというか、お客さんへ向ける表情もとても豊かですよね。とにかく、迫力がすごいですよね。

鍛治島 ああ、迫力がすごいっていうのは、ファンのみなさんにもよく言われます(笑)。「猛獣みたい」とか言われたことあります(笑)。

ーー本当に、ステージ上のかじぃは目を引きますからね。ファンのみなさんも、それが楽しいんだと思いますよ。

鍛治島 本当ですか!? え~、嬉しいです! 自分のことそんな風に思ったことないですもん。みなさんに見つけてもらえて、嬉しいです。

ーー現在自粛期間で、ライブはできないですけれども、517日のおうちからの「カジスティックLIVE」(ツイキャスにて有料で配信された「鍛治島彩 #カジスティックLIVE vol.1)、素晴らしかったと思います。

鍛治島 本当ですか~? すっごく大変だったんですよ~! 「カジスティックLIVE」は音楽を届けたいとから、やろうと思ったんです。まぁわたしは、おしゃべりも大好きで、笑いも届けるのもわたしの役目だとは思うんですけど、音楽が大好きなんで音楽を届けたいと思ったんです。これは、いまわたしにしかできないことなのかなって、「やりたいです!」と提案させてもらいました。

ーー配信しているスマホが熱で止まって、冷凍納豆で冷やすとか、すごいライブでしたけど(笑)、音楽の面では素晴らしかったと思います。特にラストの「どのみちハッピー!」には、感動しました。



鍛治島 ありがとうございます! そう言っていただけて、嬉しいです。でも、ハプニングとかたくさんあってすいません!

ーーハプニングも全部ひっくるめて、かじぃのすばらしさが出ているいいライブだと思いました! 納豆でスマホを冷やすなんて、普通はないですし、そこがかじぃの奇跡的な部分だと思いますよ。

鍛治島 (笑)。配信が止まっちゃったときは、相当焦りましたよ! それでスマホを冷やせるもの、本当に冷凍している納豆しかなかったんですよ! 冷凍庫バーン!って開けたら、“アイス”、“冷凍食品”、“納豆” しかなかったんですよ~! ここは納豆だなって!

ーー(笑)。観ているほうも、本当にヒヤヒヤしていましたよ。

鍛治島 鍛治島ひとりじゃムリだよーって! スタッフさんに来てもらえばよかった-! と思いました。でも、鍛治島家では昔から納豆は冷凍して保存してるんで冷凍じゃないとダメだと思っていたんですけど、冷蔵保存でいいことを知れてよかったです(笑)。

ーー(笑)。スマホが熱を持って配信切れちゃって、保冷剤とかで冷やして配信してるのはよくありますけど、それを納豆で冷やすって! もう、すべてをひっくるめて、かじぃのすばらしい部分が全部出ている、カジターテイメントを楽しめるライブでした。

鍛治島 ありがとうございます! 

ーーかじぃって、なんかそういう持っているところがありますよね。SHOWROOMでも、ハプニングがあってもなんかいつもうまく転がるというか、おもしろいほうにいくというか。

鍛治島 運が味方してくれてるんですかね。SHOWROOMでは、定期的に “伝説の回” を言われる配信があるんですよ。意図的じゃなくって、偶然 “伝説の回” になるんですよね。一番わたしがびっくりしたのは、配信中に蛾が部屋に入ってきたやつですね。

ーーああ、観ましたよ!

鍛治島 あれは本当にびっくりで、ドキュメンタリーじゃないんだからって! 

ーー「ヤバい! ヤバい!」って部屋からいなくなってしばらくしたら、ドアがちょっと開いて殺虫スプレー持って入ってくるとか、最高でしたよ。

鍛治島 けっこうデカい蛾だったんですよ! 

ーー(笑)。そういう、なにか持ってる人っていますからね。かじぃは確実に持っている、そういう星の下に生まれた人だと思うので、これからも楽しみにしています!

鍛治島 ありがとうございます。いやあ、いつも鍛治島が一番びっくりしてますけどね。

ーーカジスティックLIVEは、第2弾もツイキャスで530日に配信されるんですよね。そちらも楽しみです! 本人的には、まだまだ歌いたい曲とかあるんですかね。

鍛治島 そうですね。1回目はかなり練りに練った楽曲選曲だったので、またやるとしたら、選曲からしっかり考えて、やりたいなと思います。

ーー確かに、vol.1はかなり攻めている選曲でしたよね。

鍛治島 意外な曲を、たくさん入れられたかなと思います。はじめての有料配信のソロライブだったので、こりゃヤバいぞって、その前は無料でやりましたけど、それを越えていかなきゃいけないなって。次回もガンバります!

ーーかじぃはいまも、もちろん音楽が好きだと思うんですけれども、子どもの頃の “音楽が好き” と、現在の “音楽が好き”、変わっているところはありますか?

鍛治島 あっ! ありますね。なんか昔は歌ってる人、演奏している人しか注目してなかったんですけれども、いまは作曲されてる方、作詞されてる方など制作の部分に注目していますね。あとは楽曲の構成にも、注目するようになりましたね。最初こうはじまって、途中でこう展開して、最後どうなるのかという、文章を読んでいる感じで聴くようになりました。大人になりましたね!

ーー大人、というわけじゃないと思いますけど(笑)。

鍛治島 (笑)。ちょっとだけ、音楽を深く、知ろうとし始めているのかなって、自分自身では思っています。それが、楽しいんです! やっぱり、人それぞれのクセみたいなものがすっごい好きなんですよね。「濃いな~!」とか「自然だな~!」とか、思いながら聴いてます。だから、これまではアイドルソングばっかり聴いていましたけれどもいろんなジャンルの曲を聴くようになりましたね。

ーー最近気になっているアーティストさんとかいるんですか?

鍛治島 いまは椎名林檎さんですね。最近聴いて気になって、アルバムを買いあさろうかなって思ってます。鍛治島からすると、未知の世界という感じです。椎名林檎さん、すごいじゃないですか!?

ーー確かにすごいですよね。自分も椎名林檎さんがデビューした時は、ずっと聴いていました。

鍛治島 へー! もっと早く出会いたかったです。時間があるときに、どっぷりハマりたいなと思っています。

ーーいいと思いますよ。いろんな楽曲を聴いて、また次作曲に活かすということですよね!

鍛治島 また是非、作曲はやらせていただきたいです。本当に、作曲はガンバりたいですね。いやー! でも! 2曲目って一番難しいって言うじゃないですか!? 本当に! 

ーー(笑)。自ら、ハードルを上げますね(笑)。

鍛治島 期待されると、ドキドキしちゃうんで! いいものが作れるように、ガンバって行きたいと思います。

ーーでは最後に、個人的にかじぃの現在の目標を訊かせてください。

鍛治島 自分はマルチで大きくなりたいんです。アプガ(2)としても大きくなりたいですけど、鍛治島彩としても、大きくなりたいんです。いまはひとりでステージに立って、ライブをしてみたいなと思っています。グループとしても、大きいステージに立ちたいという気持ちはあって、そちらをおろそかにする気はないですけど、ソロでライブがしたいんです。いまはまだ、リアルなライブは難しいかも知れないですけど、いつか。だから、いまは歌をガンバっていきたいなと思っています。やっぱり歌はまだまだなので! 歌声っていうものが、みなさんの心に一番届くものだとずっと思っているので、鍛治島の声を活かせるような歌を歌っていきたいなと思っています。

アニメージュプラス編集部