• 22/7天城サリー、海乃るり、涼花萌が語る『覚醒』、卒業、未来!
  • 22/7天城サリー、海乃るり、涼花萌が語る『覚醒』、卒業、未来!
2021.11.24

22/7天城サリー、海乃るり、涼花萌が語る『覚醒』、卒業、未来!

左から海乃るりさん、涼花萌さん、天城サリーさん

2021年11月24日(水)に22/7(ナナブンノニジュウニ)通称:ナナニジの8thシングル『覚醒』が発売される。メンバーの天城サリー、海乃るり、涼花萌に、『覚醒』に収録される全曲の魅力や、卒業、これから(第二章)、仲良しエピソードについて語ってもらった。

――8thシングル『覚醒』が現メンバーによるラストシングルになりますが、楽曲への思いを教えてください。
天城 こんなにも明るい前向きな歌詞の表題曲ははじめてで、以前歌った6thシングル『風は吹いてるか?』は、強めの歌詞ですが、それでも「風は吹いてるか?」と疑問形で、100%みんなを引っ張っていく感じではなかったんです。『覚醒』に関しては、「覚醒しろ!」とか「前を向いて!」とか「!」が歌詞についているくらい、本当に100億%みんなを引っ張って、明るい未来へ連れて行く曲だなと感じました。はじめはナナニジっぽくないなって思ったんですけれど、歌詞には一度どん底を見た主人公が、そこから這い上がっていくストーリーが描かれているので、どん底を見る暗さは、やっぱりナナニジの選曲だなと思いました(笑)。一度ナナニジらしさを経由してからの「覚醒しろ!」は、また新しいナナニジだなと思います。

涼花 私もすごくナナニジらしい曲だと思います。現実を見て暗い気持ちになる部分がありながらも、それでも前を向いて走っていこうという、未来に向かって頑張っていく姿勢が、新しいと感じました。卒業するメンバーの未来とか、ナナニジのこれからとか、それぞれの背中を押してくれる歌詞やなって思いました。

海乃 まず『覚醒』というタイトルのインパクトがとても強くて、ファーストアルバムをリリースした後の、最初のシングルに相応しい曲だと思います。萌ちゃん(涼花)も言ってましたが、私も歌詞から勇気を貰えましたし、こんなにも全肯定して「走り出そう」と言ってくれたら、聴いてくださった方も、自分が思うように生きられるんじゃないかなと思います。



――振り付けは、どんな感じのダンスになっているんですか?
天城 『韋駄天娘』という曲でも“走る”ダンスがあるんですが、今回は「レディー・ゴー!」みたいなスタート位置に立ったときのポーズから“走る”振り付けがあり、歌詞のまま忠実に踊ってる感じです。しかも、メンバーみんなで走ってるので、すごく迫力があるなとリハ中は鏡越しに感じてました。ストレートなメッセージが伝わる振り付けなので、ライブで注目していただきたいです。

涼花 サビが「走り出そう」なので、どんな振り付けになるのかなと思ってたら、「走り出そう」でホンマに走ってて、最後のサビはV字になって走ってて(笑)。こんなに歌詞のままの振り付けなんやって思いましたが、まんまやからこそ、歌詞がストレートに入ってくるし、一緒に「走っちゃおう」という気持ちになると思います。踊っていて楽しいです。

海乃 本当に走ってるんですよ(笑)。指を前に向かって指すポーズが何回か出てくるんですが、それで前に向かって行くんだというのが体でも表現できているので、歌詞にぴったりだなって思います。踊ってて気持ちいい振り付けになっています。

――カップリング曲『Just here and now』について、曲や歌詞のイメージや、歌ってみてのご感想をお願いします。
海乃 この曲はナナニジには、いままでなかった大人セクシーな曲になっています。こういう曲調が好きで、ナナニジの好きな楽曲ランキング上位に躍り出たくらい、本当に何回も聴いてしまうくらい好きな曲です。かなり大人な感じなので、振り付けと合わせて楽しんでいただきたいです。

涼花 こんなに大人な歌詞がいままでなかったので、「わ~お」というような恋愛模様にビックリしたんですけれど、こんなに愛されてるんやって思うとキュンキュンしました。

天城 私も誰かをこんなに好きになったこともないし、こんなに好きになられたこともないので、なんか、そういった経験をしたいなって思える歌詞でした(笑)。
※一同(笑)

天城 愛したいし愛されるって、すごく素敵だし周りが見えないほど恋ができてるっていいなって思います。この歌詞のような恋を再現できるような人間になりたいと思います。

海乃 顔真っ赤(笑)。
※一同(笑)

櫻井靖之