• May’nが語る新シングル『オレンジ』と『マクロスF』シェリルとの再会
  • May’nが語る新シングル『オレンジ』と『マクロスF』シェリルとの再会
2021.11.24

May’nが語る新シングル『オレンジ』と『マクロスF』シェリルとの再会

ニューシングル『オレンジ』をリリースするMay’nさん


――ご自身の経験も踏まえてとのことですが、学生時代May’nさんは何かスポーツをされていたのでしょうか?

May’n 水泳をしていたのですが、ひたすら一人で頑張っていたので、あんまりチームプレーに触れていないんです(笑)。でも、May’nになってから、チームプレーを感じています。ソロアーティストなので自分がフロントに立つ意識やプライドはもちろんありますけど、チームやファンのみんなとじゃないと掴めないことってあるよね、一人でもできるけど、みんながいるともっとできることが増えるよねって、改めてみんなに教えてもらっているんです。そんな気持ちも曲に込めました。

あ! チームプレーといえば、小学生の時はドッジボールに打ち込んでいて、チームリーダーもしていたので、そこはチームプレーでしたね(笑)。

――私、ドッジボールが弱くて逃げ惑っていたので羨ましいです。

May’n 端っこに逃げるタイプですか? 私はそこに当てるタイプです(笑)。

――逃げないと(笑)。今回収録されている『シキザクラ』もアニメタイアップ曲。ボカロPのくじらさんが手掛けていらっしゃる曲ですね。

May’n 私、黎明期の頃からボカロPの方の曲が好きで、ずっと聴いていたんですが、ここ数年の新世代ボカロPの楽曲は、特に素晴らしいのが多いなと思っていて。そんな中、以前から気になっていたボカロPのくじらさんに楽曲をお願いさせていただきました。タイアップさせていただく『シキザクラ』はロボットアニメでもあるんですけど、日常のちょっとしたキュンなど、学生時代ならではの尊い時間も表現されている作品で。これがくじらさんの世界観とリンクする部分があるんじゃないかなと思い、ご一緒させていただきました。

――歌うのは難しかったり?

May’n 私はどちらかというと、イケイケな楽曲を歌唱する経験の方が多いので、今回のような柔らかい楽曲は自分のボーカル的には大きなチャレンジでした。歌うにあたって、なるべく自分の表現を削ぎ落として、隣で寄り添って喋っているように歌うというのをテーマにして、歌っていきましたね。

――表現を削ぎ落とす、ですか。

May’n 私は、いわゆる「May’nの癖」的なものがある曲が多くて。ライブの時は、みんなも同じように気合を入れて来てくれているので、私の気合いとか熱みたいなものが合うんですけど、家でリラックスしたい時にそういうガッツで来られると濃ゆいと思うので……(笑)。みんなの聞いてくれるシチュエーションに合わせた歌というのは大事だと常々思っていたので、今回の『シキザクラ』は、May’nの癖(=表現)を削ぎ落として、リラックスした状態で聴けるような曲にできるよう心掛けました。

――いわゆるMay’n節が抑えられた新しい楽曲になったんですね。残りのシングル収録曲『B.H.U.』は名古屋を彷彿とさせる曲だと感じたのですが、どんなテーマで作詞をされたのでしょうか?

May’n 『プラオレ!』が日光、『シキザクラ』が名古屋を舞台にした作品なんです。『オレンジ』を作る際には、私自身の学生時代を振り返ったり、『シキザクラ』も私が名古屋出身なので、上京前の自分のことを思い出しながら制作していて……。そんな中で3曲目をどうしようとなった時に、せっかくだから自分の今まで過ごしてきた場所を活かせる曲を作りたいなと思い、自分の故郷:名古屋をテーマにした曲を作ってみることにしました。

――歌詞が結構ユニークですよね。

May’n 私、「この言葉面白いかも」という言葉メモをよくしているんです。その中に(今回の歌詞にある)「BUCHO Hands Up!!」」や「テバサキサバキ」、名古屋では凄く有名な「ナナちゃん(人形)」があって。いつか使いたいなと思っていたので、今こそ使い時だ! と、私の大好きな名古屋をテーマにした曲にしていきました。それに、名古屋は(織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の)三大武将が有名で、「武将」と「部長」という言葉は近いぞとも思ったので、武将も歌詞に取り入れてみた感じです。

――武将ですか。

May’n 私は「1番じゃなきゃ嫌だ、もっとみんなで高みを目指していこう!」という気持ちでずっとライブをやっているのですが、この気持ちをファンの皆さんに改めて届けていきたいなと思っていたところで。そんな時に、「武将の天下統一」というテーマで伝えれば、嫌らしくもなく、面白さもありつつ、マインド的には大事な気持ちも伝えられるんじゃないかなって思いついたんです。なので、武将の名言とかを凄く調べて歌詞を書きました。

アニメージュプラス編集部